So-net無料ブログ作成
検索選択

PINKY × UNIQLO シャイニングローラーバックルベルト [物欲@服飾]

名前長いっすね。
これまた小耳に挟んだ女の子雑誌PINKYとのコラボレイション
値下げチェックがてらに出掛けておおそういやって思い出して見つけました。
見つけた瞬間買い物カゴに放り込みました(ノ∀`)

バックルの部分が文字通りシャイニングですよ。ホラーじゃないっすよ。
こんな手の込んだもんが1990円で買えるなんて。恐ろしい‥
一体誰にプレゼントかって?もちろん自分で着けるんですよ(*/ω\*)


4弦切れた [日常と音楽]

くっそ~、換えたばっかだってのにヽ(`Д´)ノ
よりによって4弦なんて中途半端なところを。
1弦2弦ならしょうがないな~って諦めもつくし、5弦6弦ならナイスダウンピッキング!ってさ。
なにを弾いていたかって、ピロウズの“Blues Drive Monster”。ここ数日毎日聴いてたよ。
こんなカッコイイ曲ってそうないです。一発でコードも分かるし。
イントロはD→C
メロがD→A→Bm→G
サビがG→D→F#m→Bm×2→C
コーラス繰り返すだけの潔い構成も素敵。
彼等の曲ってサビがルートのコードから始まっていないのが多い気が。
なんのせモノグサなので、これで暫らくはギター触らないのかねえ。

郷愁の景色 [自転車好き]

以前住んでいたところは集合住宅の三階ですが、そこに至る階段から見た景色。
それは当時から大好きでした。天気のいい日には足を外に投げ出して。
壁に座ってこれを見ていたのです。15年振り。大分変わったなあ。
まず森が無くなった。武蔵野の雑木林が。これは新聞にも載っていたっけ。
そんでデカイ建物が。あれは大学なんです。一芸入試で有名になった。
こんな時代に儲かっているのかな。キレイな新校舎がたくさん建っていました。

昔、同じ場所から撮った写真があったんだよなあ。どこいったっけ。
もし見つかったら比べてみましょう。晴れの日の写真だけど、雲の感じは同じようだったっけ。
近くに世界で一番好きなクスノキがあるのだけど枝が落とされて無残な姿でした。
いや、それだけじゃないのか。大きくなったから、当時大きかったものが小さくなったってやつか。
すこうし悲しい出来事でした。

左の素っ頓狂(失礼)な色味のお店がラーメン屋“珍々亭”。
そう!詳しい方はお気づきでしょうか、ちょっと前流行った油ラーメンの元祖です。
近くだったんですが行ったのは2回くらい。昔は白いひさしが老舗の雰囲気だったのに(ノ∀`)
右の“秋田屋”は駄菓子屋さん。ここはもう毎日のようにお世話になってましたよ。
今はもう店閉まいしちゃったのだろうか。小柄なおばあちゃんがやってたんだよなあ。
この辺りも大きな工場が撤退して跡地に大きなマンションが建って。一変してしまった。

どんどん町は新しくなるし、どんどん人も移動する。
友達のたくさん住んでいた巨大団地が改築のため取り壊されて更地になっていた。
馬鹿でかい空き地を目の前に、ここに居た人は皆どこかへ行ってしまったんだなって思った。
すっかり新しくなった団地にはやがて新しい人がやってきて同じ生活をするんだろうな。
なんの不思議もないことだけれど、少し不思議な感じがするのです。

武蔵境→小平→立川→多摩サイ
Dst/43.03 Odo/3822.7 Mx/37.0 Tm/2.26.26 Av/17.6
やーヒドイ平均速度(ノ∀`) ポタリングですもの。市街地は走り辛いし。
走った気がしたけで40キロなんだ‥ 武蔵野は案外狭いかも。なんて。

PENTAX *ist Ds/PENTAX DA 18-55


“武蔵野”探訪 独歩の所縁と文学碑と [遊歴雑記]

最近は本、全然読めていないんですが。
国木田独歩という人は大好きです。こちらにもチラリと書いてあります。
なんで好きかってまあ多摩っ子だからでしょうか(ノ∀`) 多摩は武蔵野の一部です。断言。
彼の作品はネット上の無料図書青空文庫さんで読めます。
もちろん紙媒体にこしたことはないのですが、ちょいと思い出したりにはとっても便利。
好きな作品は、この“武蔵野”や“鹿狩り”、“少年の悲哀”“忘れえぬ人々”等々。
絵画を観るように読む、美しく、哀しい作品群です。

今回訪れた場所についてはこちら、Sakurabasi Netさんに詳しいです。
JR中央線、武蔵境駅から北へ、んん、1キロくらいでしょうか。
自転車で寄り道しつつだったので。御宿踏切の道と玉川上水の交わるところ。
そこが“武蔵野”中に登場する「桜橋」です。

由来は付近が桜の名所であるから。現在ももう少し上流にある小金井公園の桜は有名ですね。
架け替えられてとってもキレイですが、左右の玉川上水は鬱蒼と。
文豪が沈んでいった雰囲気がそのまま漂っているような。暗く、深い。
この橋の北・上流側に独歩の文学碑があります。

上水のほとりにひっそりと。碑には“武蔵野”の一説が刻まれています。

 今より三年前の夏のことであった。
 自分はある友と市中の寓居を出でて三崎町の停車場から境まで乗り、
 そこから下りて北へ真直に四五丁ゆくと桜橋という小さな橋がある、

友と出かけたと書いてあるが、しかし実際は後の婦人とのデートだったのです。
付近の雑木林で新聞紙を敷物換わりに座り語り合ったその場所は‥

現在ではこちら、境山野公園。通称独歩の森なんて呼ばれているそう。
実はここ、通っていた幼稚園の近くなのです。何度か引率されて遊びに行った記憶があります。
落葉を集めたり。ドングリ拾ったり。なんでだろう。五歳頃のことなのに。
場所も風景も案外鮮明だったりします。迷わず行けたよ。
そして今日見た風景も記憶と同じ。20年以上経っているのに。

武蔵野の雑木林がどんどん消失している中、貴重なこの公園。
ぜひともこのまま残って欲しい。今日また、記憶には刻んだから。
しかしこんなに身近に所縁があったのに作品に興味持ったのが最近なんて。
いや、所縁があったから興味持てたのかな。時間が空いて。続かなくて。
なんの意味もないようなことでも突然繋がったりするのだろうな。
そんな出来事が繰り返されて、より興味深く、より印象強い糧に成っていくのでしょう。
今は何個持ってるんだろうか。


多摩川夕景 [**** photolog]


PENTAX *ist Ds/PENTAX FAJ 75-300

居心地の良い場所。きっとマイナスイオン出まくりなのでしょう。
ずうっと微動だにせず、同じ姿勢で佇んでいました。


PENTAX *ist Ds/PENTAX DA 18-55

川面の夕日はとってもオレンジ。オレンジペコー若しくはルミナスオレンジ。
この付近は大好きだあ。何か、懐かしい雰囲気を感じる場所です。

明日は休暇。またちょっと写真撮りに自転車で出掛けましょうか。
最近は夕暮れが早いから。追いかけて西へ行こうか。
昔住み渡った町へ行くなんてのもいいかも。あの三階から景色撮ってみたいなあ。


朴葉焼き [**** photolog]

まー薀蓄など何ひとつ持ち合わせていないので。
なんかのでっかい葉っぱに味噌とキノコやらナニやらを和えたのが塗られたもの。
変換すると“朴歯”と出るのだが、“朴葉”とどっちが正しいのだろうか。
なんのせクツクツ煮え立ったものを白い炊き立てご飯で頂くと絶品ですよ★
この3連休、実はずっとオシゴトでクタクタです(ノ∀`)
あ”~早くこんな旨いもん喰って復活したいもんだ。火曜は休みだ。それまで耐えよう‥orz

PENTAX *ist Ds/PENTAX DA40 Limited


D`Addario EJ26 [**** photolog]

相当久し振りに弦を変えたんです。ダダリオ。
山野楽器で“0.001ミリの違いを実感して下さい!”とかなんとか宣伝してたんで。
そんな違いは分かる筈もないのですが、まあまあ良い硬さですな。
なにより新品は弾いてて気持ちいい! 音もいい! なんかこう、シャリってする。
これまた久し振りにジャンジャカ弾いてたら1曲出来たよもー。
ああ、ドラム&ベース打込むのが面倒臭い(ノ∀`)
エディロールのコレでも買ってしまうか。使用法いまいち分からんが。
でもきっと恥ずかしがり屋さんだから使えないんだろうなー(*/ω\*)

PENTAX *istDS/PENTAX DA 18-55


とっても気になる“Vestax” [物欲@モノ]

気になるっちゅうか、要は欲しいんですアナログレコードプレイヤー
けっこう、もう半年ほど前から。電器屋さんに行く度に、
“眺めては飽きもせず かといって触れもせず そんな風に僕のまわりで”
って状態なんです。井上陽水です。これまたけっこう好きです(*/ω\*)

そんでこないだ秋葉原行ってきたんです秋葉原。アキバ。最近流行りの。
スピーフィ率いるTX(つくばエクスプレス)側の街にミンヨドができたって言うから。
でも“ミンヨド”ってなんだ? ヨドバシカメラじゃダメなのか?
あの山手線と中央線のおなじみ曲の歌詞が一部変わってましたよ( ̄ー ̄)
店内の広さをいいことに。客の多さで紛れるのをいいことに。写真撮っちゃいました。
まずはこれ、有名ですね、お手頃アオミドリカラー“BDT-2500”。
スペックはフツーなんでしょうが、緑好きにはタマランカラー。置物としてもいいなあ。

その隣にあったのがこれ、“GUBER (CUBE-T CM-01)”。
ベスタクスのページだとターンテーブルって位置付けなんですね。
聴く専だとどうなんでしょう。も少し調査しなくちゃ。
でもこの小ささが良いですねえ。あと見た目のかっこよさ! おもいっきりホコリ被りそうですが。

何れにせよ置くスペースが問題だわあ。。
部屋グッチャグチャ(ノ∀`) せっかく秋も来たことだし、そろそろ大掃除するかな。
捨てまくる快感を思い起こそうかな。


内藤ルネ展@弥生美術館 [遊歴雑記]

冬に行った中原淳一美術館の流れで行って参りました、内藤ルネ展。
場所は東京大学本郷キャンパス沿い。根津とか不忍池とかその辺り。
露出過多で申し訳ない写真ですが、ご覧の通りの雰囲気のある建物。
この弥生美術館には併設して竹久夢二美術館があるのですね。年配の方も見に来ていました。

さてさて内藤ルネとはどんな人物かと申しますと、日本の“可愛い”の大元とのこと。
彼の憧れた中原淳一は“キレイ”の元祖という説明です。
フィールドは挿絵表紙絵からキャラクター、また三次元の人形、食器まで多種多様。
幼少の頃にそういや持ってたかも!ってグッズもありましたよ。
印象としては作品の“顔”がとっても個性的。ファッションに目を惹かれた中原淳一と好対照。
最近の作品にはCLAMPの描くXXXHOLiCのような作風があってびっくり。
70を過ぎてもなおクリエイターなのですね。
そして生い立ちや私生活の説明を読んで思ったこと。

ピーコ!

違法コピーじゃあないですよ。
イメージがまんま同じですねえ。と思ったら自伝本の帯をピーコが書いていた!
やっぱり繋がりがあったのか。時代を先取る感性はそこから生まれてくるのかな。
作品そのものよりも“彼”の生き方が興味深かった展示会でした。

PENTAX *istDS/PENTAX DA 18-55


流行に乗っちゃって~ [ゆらめき雑記]

季節の変わり目に一大ムーブメントを巻き起こすアレにヤラレっちゃって。
こんな写真の風な三連休だったんですが。今日は油断したね~。
あー明日は忙しいだろうに。大事な仕事もあるのにさ(ノ∀`)
もうちょっと復活したら続きをしたためましょうか。なんのせお世話になりました‥il||li _| ̄|● il||li


PENTAX *istDS/PENTAX DA 18-55


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。